tarl

新たなスキル/システムを追求する

「研究・開発」

アートプロジェクトの現場の課題に応じた新たなスキルの検証と確立を目指す「研究・開発」プログラム。専門家や研究者による新しいスキルの開発や、実践の環境を整えるための研究をしています。研究成果は、TARLウェブサイトや発行物等を通じて広く公開していきます。また、一部、公開研究会などの開催により、研究プロセスへの参加機会も設けています。

2016

ALTERNATIVE ASIA PLATFORM

東南アジアを中心としたインディペンデントなアート活動の情報プラットフォームづくり。

研究成果公開中

芸術祭のためのノート

「芸術祭」の知見を継承する。あいちトリエンナーレ2016の芸術監督・港千尋氏のノートを制作。

研究成果公開中

アートプロジェクトの「言葉」に関するメディア開発:メディア/レターの届け方

報告書やドキュメントブックなどの発行物=「言葉」の届け方を考える

終了

旅するリサーチ・ラボラトリーⅢ -フィールドワークと表現(2016)

日本各地を旅しながらフィールドワークと表現の可能性について検証する「旅ラボ」の3年目。

研究成果公開中