tarl

2022
新たな航路を切り開く

映像プログラム公開中

来るべきアートプロジェクトの姿を探し求める、旅としてのプロジェクト

この10年で、わたしたちを取り巻く社会状況はめまぐるしく変化しました。これまでの考え方では捉えきれないような状況が次々と発生し、新たに炙り出される課題に応答するように、さまざまなアートプロジェクトが生まれました。しかしこのような状況は、どこかで一区切りつくようなものではなく、わたしたちはこれからもまた新しい状況に出会い、そのたびに自分たちの足元を見直し、生き方を更新する必要に迫られるでしょう。激しく変化し続けるこれからの時代に求められるアートプロジェクトとは、一体どのようなものなのでしょうか。

「新たな航路を切り開く」では、2011年以降に生まれたアートプロジェクトと、それらをとりまく社会状況を振り返りながら、これからの時代に応答するアートプロジェクトのかたちを考えていきます。ナビゲーターとして、人と環境の相互作用に焦点をあてながら、社会状況に応答して発生するアートプロジェクトをつぶさに見続けてきた芹沢高志を迎え、多様なアートプロジェクト実践者たちの視点や活動を記録しながら、この10年の間に社会がどのように動き、アートプロジェクトがどのように応答してきたのかを振り返ります。また、これからアートプロジェクトの実践者になりうる人たちとともに、これからのアートプロジェクトのかたちを考え、新たな時代への新しい航路を見出すことを目指します。

ナビゲーター:芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)


ナビゲーターメッセージ


Photo: Chihiro Minato


主催・お問い合わせ

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

企画運営

P3 art and environment

お問い合わせ

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
事業部事業調整課事業調整係 TARL事務局
TEL:03-6256-8435(平日10:00〜18:00)
E-mail:tarl@artscouncil-tokyo.jp