はじめのシート[配信編・収録編]

配信収録講座では、機材の操作方法に関するレクチャーだけでなく、映像コンテンツ制作の際に生じるコミュニケーションの必要性について取り上げました。はじめのシート[配信編・収録編]は、企画を立ち上げ実施するまでに必要なチェックポイントを確認できるツールとして制作しました。以下の資料解説や、講座レポートと合わせてご活用ください。

※ ウェブサイトからダウンロードを行い、エクセルでの使用を推奨します。プルダウン(項目の選択)はダウンロードするまでお使いになれません。
※ エクセルが使えない場合、Googleが提供しているスプレッドシート等でもひらくことができます。
※ PDF版を印刷し、筆記具等で記入して使うこともできます。

▶ 講座のレポートはこちら
「アートプロジェクトの担い手のための配信・収録講座」レポート【前編】
「アートプロジェクトの担い手のための配信・収録講座」レポート【後編】

資料解説

ここでは、ツールに関する解説/映像コンテンツの制作手順や考え方をご紹介します。

映像コンテンツ(ライブ配信・収録配信等)の制作に向けた段取り

「対面イベント」「収録配信イベント」「ライブ配信イベント」は、それぞれ得意なことが異なります。手段を検討する前に、まずは制作コンテンツの《実施主旨の優先順位》を考え、それに適した手段を検討します。流れとしては、以下を想定してみるといいでしょう。

  • 主旨の優先順位検討
  • 手段の検討(ライブ配信・収録配信・対面イベント)
  • コンテンツ概要と会場状況の確認
  • 規模の確認
  • 運営メンバー構成の検討
  • スケジュールの検討

また、優先順位の検討・確認を通してイベントの骨格を視覚化することで、コンテンツ制作に関わる内部スタッフだけでなく、外部委託者との円滑なイメージ共有を行なうことができます。

企画の主旨を踏まえ、優先順位を考える

企画をつくる際に優先する項目として、例えば以下の1〜7などが考えられます。

  1. 詳細な情報伝達
  2. アーカイブ性
  3. 広域性
  4. 社会状況に応じた即時性・即効性
  5. 視聴者の参加性(相互性・共同作業)
  6. ライブ感
  7. 専門性

優先したい項目に応じて、相性の良い実施手段を検討していきます。例えば1〜3を優先したいのであれば「収録配信」が向いており、3〜6であれば「ライブ配信」が、5〜7であれば「対面イベント」での実施が相性の良い手段となるでしょう。

一方で、それぞれの手段には相性の悪い項目があります。アーカイブ性の高い手段(収録映像)では、ライブ感との相性が良くありません。それを補うために、観客を入れたハイブリッド方式による収録も候補として考えられますが、スタッフ数の増大や現場で必要となるコミュニケーションが複雑化します。また、物理的な問題として登壇者と観客の間にカメラが設置されてしまうなど、会場構成も難しくなります。そのため、ハイブリッド方式ではなく収録方法を工夫してライブ感を補うことをおすすめします。

例えば、収録前に事前アンケートを募集し視聴者の参加性を補う。あるいは、収録会場に少数の鑑賞者役スタッフを入れ、「拍手」や「笑い声」など臨場感を感じさせるノイズを含めて収録することにより、ライブ性を補う方法などを検討してみましょう。

会場の条件や、映像コンテンツの概要を定める

実施手段の検討後は、映像コンテンツの概要、使用会場の確認を行いましょう。例えば、予め確認すべき項目として以下をあげることができるでしょう。

  • コンテンツに関する確認項目:
    実施日と準備期間/広報期間/内容/コンテンツの長さ・本数/視聴料の有無/使用プラットフォーム/遠隔登壇者の有無/観客の有無
  • 会場に関する確認項目:
    室内もしくは屋外/周辺の音環境(騒音具合:幹線道路・駅・空調)/会場の広さ/照明環境(明るさや会場照明の種類)/ネット環境の有無/LANケーブル使用の可否/ネット回線速度

また、事前に映像コンテンツを公開するプラットフォームの特性も確認しましょう。視聴料の有無や映像の質(解像度やクリアさ)によって使用できるプラットフォームが変わります。

会場確認においては、抜け落ちやすい項目として「周辺の音環境」や「照明環境」があります。そうした情報(映像におけるノイズ)は現場にいる時には気付きにくいものです。ぜひ、会場確認の際にはスマートフォンなどを使って数分間動画を撮影し、映像を客観的に確認するようにしましょう。そうした環境や条件などを踏まえ、マイクの種類や補助照明の検討を行います。

企画規模をまとめ、共有できるようにする

以上を踏まえ「はじめのシート[配信編・収録編]」に企画内容をまとめ、実施規模を確認します。シートにまとめることで確認項目の漏れや、外部委託スタッフとのミーティングを円滑に行いながら、必要なスタッフ数や機材構成を検討することができます。企画の準備状況に応じて変更や追加項目が出た場合は適宜修正を加え、現場の運営を安心・安全に進めるためのコミュニケーションツールとして活用していただければ幸いです。

目次
  • 説明(シートの使い方)
  • はじめのシート[配信編]
  • はじめのシート[収録編]
  • はじめのシート[配信編]選択項目の参照シート
  • はじめのシート[収録編]選択項目の参照シート
  • ファンファン倶楽部 「やってみる時間」をやってみるための本

    それまで当たり前だと思っていた考えを解きほぐす“対話” を生み出し、地域の文化資源の活用から“学びの場” を創出するプロジェクト「ファンタジア!ファンタジア!―生き方がかたちになったまち―」。その一環で実施する「ファンファン倶楽部」は、「安心して楽しく“もやもや”しよう」を合言葉に、気になること、やってみたいことをメンバーが持ちより、実験的なワークショップやディスカッションを行う企画。持ちよったものを全員で共有し、実践することで、各自の当たり前を解きほぐす方法を模索する取り組みです。

    ※本書は、東京アートポイント計画「ファンタジア!ファンタジア!―生き方がかたちになったまち―」(2018年度~)の一環として制作されました。

    とにかく、一旦手を動かして目の前に現れた何かを見ることで、想像の通りにはいかないことがわかったり、そこから意外なことを思いつくことができたりする。

    (本書p.1)
    目次

    はじめに
    ファンファン倶楽部のあゆみ
    これまでのやってみる時間
    「私たちのエッセイを書く」でみんなが書いたエッセイ
    おわりに

    相手から見たときの指文字/自分から見たときの指文字

    視覚身体言語である手話の基礎を学び、体感するのみならず、ろう文化やろう者とのコミュニケーションについて考えるレクチャープログラム「アートプロジェクトの担い手のための手話講座」。
    この指文字一覧表は、基礎編として公開している映像プログラムに続き、手話の学習や、ろう文化を身近に感じていただくための資料として制作されました。

    「相手から見たときの指文字(読み取り用)」と「自分から見たときの指文字」の2種類を公開。
    好きな方をお使いいただけるほか、両面に印刷してその場その時に応じて使い分けることもできます。

    • A4印刷推奨

    松島湾の大図鑑

    「つながる湾プロジェクト」は宮城県松島湾とその沿岸地域の文化を再発見し、味わい、共有し、表現することで、地域や人・時間のつながりを「陸の文化」とは違った視点でとらえなおす試みです。本書は、2016年から発行してきた『松島湾のハゼ図鑑』『松島湾の牡蠣図鑑』『松島湾の船図鑑』『松島湾の遺跡図鑑』の4冊を1冊にまとめて少し加筆した本です。

    ※ 本書は、東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業(Art Support Tohoku-Tokyo)「つながる湾プロジェクト」(2013年度~)の一環として制作されました。

    いま僕の目には、この海が前より美しく見える。10年前に大きな災害を経験したこともその要因の一つではあるけれど、たぶんそれだけでもない。図鑑制作を通して知ったひとつひとつのことが僕の中で網のようにつながり、あるいは油絵具のように層をなし、景色の見え方が立体的になっているのだと思う。

    「おわりに」より
    目次

    はじめに

    松島湾について
    ハゼについて
    ハゼに出会う
    牡蠣について
    牡蠣の養殖
    牡蠣を食べる
    船について
    漁をする船
    交易する船
    戦う船・守る船
    日常の船
    遺跡について
    縄文の遺跡
    古墳・律令時代の遺跡
    中世の遺跡
    近代の遺跡

    おわりに
    索引
    おもな参考文献

    YATOの山野草 秋/冬

    「谷戸(やと)」と呼ばれる、丘陵地が浸食されて形成された谷状の地形をもつ町田市忠生地域にて、その土地の歴史や文化をリサーチしながら、500年後に続く人と場の在り方の仕組みを考える「500年のcommonを考えるプロジェクト『YATO』」。
    地域を知り学ぶ取り組みの一つとして、山野草を通じて、こどもたちと共に地域の自然に触れ親しむワークショップの成果をまとめました。

    地図のような水彩画の表面は、簗田寺を囲むように茂る野草たちの情景を表現したもの。
    ワークショップ当日に歩きまわりながら感じた印象を伝えるように抽象化して描かれています。
    植物図鑑のような裏面は、そのとき見つけた植物を描き並べたもの。
    何気ない風景の中に、意識しないと気づかずに通り過ぎてしまうほどささやかな、けれどもとても豊かで様々なかたちや色を持つ植物があることに気づいたときの驚きとともに表現されています。

    秋の簗田寺をめぐり、YATOの生態系に触れる。
    この土地の自然とともに暮らす齋藤美智子さんの導きで出会った山野草の数々と、目にした風景、そして感じた色模様を、アーティスト 小川哲さんが心象地図として描きあげました。

    (「YATOの山野草 秋/冬」表面紹介文より)

    事務局による事務局のためのジムのような勉強会 ジムジム会のひらきかた

    「東京アートポイント計画」参加団体(※芸術文化や地域をテーマに活動するNPO法人や社団法人など)とともに、プロジェクト運営事務局に必要なテーマを学び合うネットワーキング型の勉強会「事務局による事務局のためのジムのような勉強会(通称:ジムジム会)」。ジムジム会とは何なのか。なぜはじまり、どのように開催し、どんな効果があるのか。「ジムジム会のひらきかた」を、実際にあったエピソードを元にしながら、漫画の中でキャラクターたちがご案内します。

    あなたの活動が抱える悩みを解決してくれるのは、有名な先生や 分厚いハウツー本ではなくて、自分達と似たような活動をする「おとなりさん」かもしれません。まずは似た仲間を見つけて声をかけ、 一緒に考える勉強会をひらくのはどうでしょう?

    (「はじめに」より)
    目次

    まんが ジムジム会ができるまで
    7つのポイント ジムジム会のひらきかた
    まんが ジムジム会ができたあと
    ジムジム会 開催一覧

    ファンファンパック!! 2019

    それまで当たり前だと思っていた考えを解きほぐす“対話” を生み出し、地域の文化資源の活用から“学びの場” を創出するプロジェクト「ファンタジア!ファンタジア!―生き方がかたちになったまち―」。2018年度・2019年度の活動の中で生まれた“学び“や”対話“を追体験できるように、ハウツー本、写真、マップにまとめました。

    ※本書は、東京アートポイント計画「ファンタジア!ファンタジア!―生き方がかたちになったまち―」(2018年度~)の一環として制作されました。

    目次

    1.ドキュメント概要
    2.「これするとファンファン!」
    3.「生き方がかたちになったまち」
    4.「記録写真」
    5.「ファンファンレターの作り方」
    6.「WANDERINGはじめの一歩」

    松島湾の遺跡地図

    つながる湾プロジェクト」は宮城県松島湾とその沿岸地域の文化を再発見し、味わい、共有し、表現することで、地域や人・時間のつながりを「陸の文化」とは違った視点でとらえなおす試みです。本地図は、松島湾のさまざまな時代の遺跡紹介しています。同時発行の『松島湾の遺跡図鑑』と併せてお読みください。

    ※ 本書は、東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業(Art Support Tohoku-Tokyo)「つながる湾プロジェクト」(2013年度~)の一環として制作されました。

    松島湾の遺跡図鑑

    つながる湾プロジェクト」は宮城県松島湾とその沿岸地域の文化を再発見し、味わい、共有し、表現することで、地域や人・時間のつながりを「陸の文化」とは違った視点でとらえなおす試みです。本書は、松島湾のさまざまな時代の遺跡紹介しています。同時発行の『松島湾の遺跡地図』と併せてお読みください。

    ※ 本書は、東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業(Art Support Tohoku-Tokyo)「つながる湾プロジェクト」(2013年度~)の一環として制作されました。

    目次

    目次

    はじめに

    遺跡について
     遺跡
     遺跡の種類と数
     遺跡の調査
     遺跡の保護

    松島湾について
     松島湾
     松島湾の特徴
     松島湾の地形

    縄文の遺跡
     松島湾の縄文時代
     貝塚から出土する遺物
     里浜貝塚
     大木囲貝塚
     西の浜貝塚
     製塩土器で塩を作る
     発掘調査の専門家の話

    古墳・律令時代の遺跡
     政治・軍事拠点の多賀城
     古墳・墓
     蝦夷
     多賀城
     多賀城碑・多賀城廃寺
     歌枕
     春日窯跡群
     江ノ浜貝塚
     鹽竈神社・志波彦神社・御釜神社

    中世の遺跡
     伊達政宗が残した文化
     瑞巌寺・円通院
     雄島
     瑞巌寺学芸員の話
     観瀾亭
     医王寺薬師堂
     えんずのわり 
     月浜の海苔漁師の話

    近代の遺跡
     貿易と戦争
     白石廣造邸跡
     野蒜築港跡・東名運河・貞山運河
     多賀城海軍工廠

    巻末エッセイ
    索引
    おもな参考文献

    巡礼ノート 日常を歩きなおす人のために

    NPO法人 場所と物語が『東京ステイ』プロジェクトを通じて実験・開発した、まちの体験プログラム『ピルグリム―日常の巡礼』。東京で生きる人々が、東京の日常と、旅人のように出会い直すことをテーマに、都内各所にて実験と進化を重ねてきました。
    本冊子は、繰り返しプログラムに参加し、自らの「ピルグリム度」すなわち日常と出会い直す技術や身体性を高めるための「訓練」の状況を確認するノートです。5つの指標に分類される全25のアビリティで表した『ピルグリム進歩制度』を用いることで、参加するたびに自分の「ピルグリム度」が上がっていくのを確認できます。ぜひあなたの「ピルグリム度」を仲間と共有して励まし合いながら、楽しく訓練を続けましょう。

    ※本書は、東京アートポイント計画「東京ステイ」(2016~2018年度)の一環として制作されました。

    目次

    ピルグリムとは
    ピルグリム進歩制度(バッジ・システム)とは
    巡礼における25のアビリティ
    巡礼における5つの称号
    NPO法人 場所と物語とは
    STAMP BOOK for PILGRIM