tarl

NEWS│2019.03.09

Open Room 2019 cross talk:東京アートポイント計画の現在〜NPOとの5つの対話  3.「縁をつくる、育てる」

大巻伸嗣「Memorial Rebirth 千住 2018 西新井」 Photo : Ryohei Tomita

アートプロジェクトから生まれる「気づき」や「悩み」とは?
プロジェクトに伴走するプログラムオフィサー*と東京アートポイント計画に参加するNPOが、1つのテーマを軸にプロジェクトを展開するなかで生まれた課題や可能性についてクロストークを行います。

第3回のテーマは「縁をつくる、育てる」。

足立区千住地域を舞台に、アートを通じた新たなコミュニケーション(縁)を生み出すことをめざすアートアクセスあだち 音まち千住の縁。8年の活動をとおしてどんな縁が紡がれたのか。また、今後そうした縁をどのように育んでいこうとしているのか。プロジェクトと人々との接続点や多様な関わり方を紐解きながら考えます。

神津島で展開するHAPPY TURN/神津島は、初期の活動基盤づくりをすすめています。今年注力したのは拠点づくり。元中華屋を活動拠点に変容させるべく、まず着手したのは大掃除。掃除をきっかけにプロジェクトに興味をもってくださったり、様子を覗きにきてくださる方々もいらっしゃいました。徐々に活動を開いていくなかでどのような出会いがあったのか迫ります。

それぞれの活動ステージにおいて向き合っている縁について対話を重ねながら、アートプロジェクトにおける人々との出会い方、関係性の育み方、活動の開き方、閉じ方などについて考えます。

*行政とアートプロジェクトの現場をつなぐアートマネジメントの専門スタッフ。

【開催概要】
日時:3月11日(月)19:00〜21:00
会場:ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14-302 [3331 Arts Chiyoda 3F])
定員:30名/参加無料(要申し込み)
登壇者:吉田武司長尾聡子(NPO法人音まち計画)、中村圭飯島知代(NPO法人神津島盛り上げ隊)
モデレーター:坂本有理上地里佳(東京アートポイント計画 プログラムオフィサー)

Happy Turn/神津島 拠点にて

【申込み方法】
下記メールアドレス宛に、件名を「クロストーク」とし、参加希望日・お名前・所属(団体名等)・連絡先(電話番号/メールアドレス)をご連絡ください。

▼お申し込み先メールアドレス
info-ap@artscouncil-tokyo.jp

※お預かりした個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。
※プログラムの内容は変更になる場合があります。

「Open Room 2019」の詳細はこちら