tarl

NEWS│2021.02.25

東京プロジェクトスタディ スタディ2|トーキョー・スカルプチャー・プロジェクト ―2027年ミュンスターへの旅 成果発表 『パフォーマンス検査(キット)』

手や頭や身体を動かして、つくることをとにかく「やってみる」。

2020年度、東京プロジェクトスタディ スタディ2では、ゲストアーティストのワークショップをおこなったり、メンバーとナビゲーターで議論を重ねながら、「つくる」ことをテーマに約半年間のスタディをおこなってきました。

作品をつくるための種を探す。かたちにしてみる。どんな目線で、何の・誰のために、どんな態度でつくるか考える。そういった小さな作業を重ねた半年の成果を発表します。

お題は「検査」。そして非対面=「郵送」でおこなうこと。

この一年、とくに耳にすることが多くなった「検査」。
検査ということば、行為、ふるまい、イメージから出発して、
ナビゲーターの居間 theaterとともに、スタディメンバーそれぞれが小さな作品をつくります。
そしてみなさんのお手元には期間中、数回にわたり郵送で検査キットが届きます。

非対面が推奨される今だからこそ、郵送で、検査キットで会いましょう。
どうぞお楽しみに。

※作品のなかには、返送(応募者実費負担)が必要となるものがありますので、あらかじめご了承のうえお申し込みください。

■東京プロジェクトスタディ スタディ2|トーキョー・スカルプチャー・プロジェクト
ナビゲーター:居間 theater佐藤慎也
詳しくはこちら
プロジェクト記録はこちら

東京プロジェクトスタディとは
“東京で何かを「つくる」としたら”という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつくり、リサーチや実験を繰り返しながらそのプロジェクトの核をつくる試みです。約半年かけて、複数のプロジェクト“スタディ”(勉強、調査、研究、試作)を展開します。

【期間】
2021年3月8日(月)頃から郵送にて複数回開催
*上演期間:約2週間

【参加費】
無料
※但し、返送における郵送費はご負担いただきます(最大1,500円程度)。

【定員】
15名(事前申込制/先着順) ※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。

【申込方法】
下記のフォームよりお申し込みください。申込〆切:3月4日(木)23:59
申し込みフォームはこちら

※お預かりした個人情報は、本事業の運営及びお知らせのみに使用します。
※プログラムは変更になる可能性があります。

【主催】
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

【お問い合わせ】
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
事業推進室事業調整課事業調整係 TARL事務局
TEL:03-6256-8435(平日10:00〜18:00)
E-mail:tarl@artscouncil-tokyo.jp